20年前は簡単なCGでも、「すごい」といわれていましたが..........。

2013年05月19日

 Bryce 1.0が発売された当時は、オブジェクトは四角・丸・三角・山など簡単なものでしか搭載されていませんでした。しかしどこまでも続く、空・雲・地面・水平線など、そして素晴らしい「レイトレーシングの世界」に魅了されて、いまだに使っています。(現在のバージョンは 5 )

 当時は下の画像のような、簡単な物が「レンタルポジ(印刷用ポジフィルム」をレンタル会社のパンフレットに大量に記載されていました。


20年前のイメージで作成してみました。

 3D画像が頻繁に出回る前は、やはり2Dのイラストで、3D風に描いた物が多く出回っていたようです。それはそれで面白いのですが、描いた人の努力と制作依頼者のイメージが、当時は中途半端な傾向にあり、やはり無理 がありました。 当時はただ、全体を3Dで作りましたというメッセージしか見れませんでした。それでも当時は「スゴイ」なぁと関心したのを覚えています。



 使いやすくて仕上がりの綺麗さなどもあり、いまだに多用しているしだいです。
 

つづく 



同じカテゴリー(3Dグラフィック アニメーション)の記事画像
ハグしたら、怪我をしかねないスチールウーマン。
Bryce3Dで作る、スチールウーマン。
同じカテゴリー(3Dグラフィック アニメーション)の記事
 ハグしたら、怪我をしかねないスチールウーマン。 (2013-05-16 23:29)
 Bryce3Dで作る、スチールウーマン。 (2013-05-14 21:36)

 

<?=$this->translate->_('削除')?>
20年前は簡単なCGでも、「すごい」といわれていましたが..........。