スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

 

Posted by みやchan運営事務局 at
 

2013年10月27日

ただそれだけで、自動作成(15秒)してくれます。


 ネタに困ると、オリジナルPhotoshop Actionスケッチアーツの話になります、悪い癖です。かといって、あまり意味の無い「日常日記」ってのも面白くなく、つい自分の世界に入り込んでしまうのです。


 写真を線画に変換し手描き風のアート画を、フォトショップのアクションを使って「自動作成」する、「あまりにもマニアック」なスケッチアーツは、日々進化(追加変更)しているのです。




 事の始まりは、鉛筆で描いていたスケッチ画が、面倒くさいと思ったのか覚えていませんが、「簡単にそして瞬時に作成」したいと思ったのでしょう。
 
 最初のアクションができると、調子に乗り数種類のアクションを作成することになります。

 その中には、デッサン画・アメコミ画・水彩画・水墨画・ペン画・カラーハーフトーン画・油絵など、一般の人にはあまり「意味の無いアクション」ばかりです。しかし、中には興味のある方もいて、ずいぶん問い合わせのメールをいただきました。




 スケッチアーツシリーズのアクションは、スマートフォンなどのアプリとは違い、本格的?本物に近い匂いと仕上がりになってます。
 つまり、プロの画家やイラストレータの方が、「手馴れた感じで描いた」ように設定されています。



 スケッチアーツシリーズのアクションは、個人の「絵心や経験そして技術」などを必要としません。

    写真を用意して、マウスをワンクリックするだけでOK!

 ただそれだけで、自動作成(15秒)してくれます。ただそれだけで。



つづく 


Posted by 熱中人 at 11:36
 

2013年10月19日

個性が無ければ、飽きてしまう。

 アナログ的な機能ではなく、ソフトウェアやアプリなどで構成されている、「iPhoneタイプ」が発売される前の携帯電話は、各社個性があり良かった。

 確かに「薄く・軽く」そして便利になりましたが、それと伴い「異常なスマホ症候群」という、「新種の病気」を作ることにもなりました。

 また、使用料は各個人の問題ですが、固定金額が今までの料金より2~3倍と高くなっているいるのも現実です。





 携帯電話のテンキー入力が苦手なのは、歳のせいもありますが、最初がワープロ(死語?)だったからでもあります。だからどうしても文書作成やメールはキーボードになってしまいます。

 iPhoneを使っているときは、 Bluetoothキーボードを使っていましたが、古い型の携帯では使えないのです。




 また、ノートパソコン搭載のキーボードや、タブレットのソフトウェアキーボードも使い辛く、お気に入りの英語表記キーボードを使っています。日本語表示キーボードは、入力するときどうしても気になり、集中できません。




 ちなみにメモ書きは4B、お絵かきは8Bの鉛筆を使っています。そのような事情もありまして、携帯電話はキーボード付きのサムスンの「SC-01B」をネットで購入しました。

つづく
   


Posted by 熱中人 at 13:31
 

2013年10月13日

 ドラマの中のインテリアデザイン


少し前のTVドラマで、「結婚できない男」という、よく出来たドラマがありましたが、これが実に面白い。


 ストーリーもさることながら、建築設計事務所・診察室・自宅など、リアルなセット作りが気に入っています。




 たぶんセット作りには、それなりのアドバイザーが協力されていると思うのですが、それが妙に心地よい雰囲気になっているのです。その中でも事務 所内のレイアウトが良い。

 テーブル好きの私としては、事務所のちょっと古めかしい会議用テーブルも良いですね。



 自宅のアンチークな食堂テーブルに、パソコンデスクなど興味を引きます。





 それに「女医さん」にも、興味があります。

つづく 


Posted by 熱中人 at 18:17
 

2013年10月07日

誰のための部屋?



 極端に分けると、キッチンとリビングそして、寝室があれば日常生活ができますが、家具などのレイアウトにより使いにくい部屋になりがちです。



 片付き過ぎの部屋は、客人にとっては気持ちの良い部屋ですが、そこに住む住人にとっては「面白くない」部屋かもしれません。
 つまり1ヶ月の間、何人の客人が訪ねて来るかにより、部屋のレイアウトを変える必要があります。



 長く住んでいると、人にもよりますが部屋に物(家具類)とゴミが増えてきます。これは仕方のないことですが、うまく「パズル」を解くように配置すれば、少なからず物は収まります。



 しかし厄介なのは、家具類の移動になります。メモ紙に簡単なレイアウトを描いても、実際に配置して見なければ解らない場合があります。しかも使 い勝手に不満があると、そのたびに配置し直さなければならないことを考えると、それなりの日数を必要とします。

 そう考えると、ひょっとして「永遠」につづくのかもしれません。

つづく 


Posted by 熱中人 at 10:26 | DIY