インスタント絵画

2013年12月02日

 マウスをクリックするだけで、「インスタント絵画」が瞬時に出来てしまう、とても「面白くて便利で癖になる」この小さなプログラムは、iwtedオリジナルのスケッチアーツシリーズの「 crayon.atn 」。

 スケッチアーツシリーズの特徴は、「手描きの雰囲気」をアクションにより自動描画することで、一枚の写真がグラフィカルな「アート作品」に変わるという、摩訶不思議なアクションです。




 スマホアプリなど数多く「変換アプリ」がありますが、それとは別格の物です。
 しかし問題は、Adobe Photoshopのアクションとして機能するという「ハンディ」はあります。また、Adobe Photoshop自体の価格が、趣味のソフトとしては高額であるということもあります。




 しかしハンディは別として、何気なく撮った写真や、お気に入りの写真が「絵画風」や「アート画風」に変わるのは楽しいものです。それも、グラフィカルな画像に変わるってことに興奮します。




 スケッチアーツの、当初のキャッチコピーがあります。

 「日曜日、スケッチに行くのに重い絵具セットなどを持っていく必要はありません。デジタルカメラとスケッチアーツがあればいいのです。」


つづく



 

<?=$this->translate->_('削除')?>
インスタント絵画