「かすれ」を出すには、少し変わった「おきて破り」を使います。

2013年11月27日

微妙な数値

 時には、思ったより良い画像が出来る場合があります。それは元写真の構図と色合いなどで、意図したものではなく「偶然出来る」ものです。

 最初に処理する画像のサイズや、線画の曲がり具合を決めるのに、コントラストや変形処理の設定をします。それから調整した画像から、線画抽出を 行うのですが、ここからが特に慎重に線画作成を行います。

 クレヨンの雰囲気を出すのに、線を太くしなければなりませんが、クレヨン独特の「かすれ」を出すには、少し変わった「おきて破り」を使います。 

 シャープな線を「ボカシ・2階調化・粗いパステル画・画像の回転」などを駆使して、クレヨン画の線を作成します。



 しかし、いくらテストを繰り返しても、サマにならない画像があります。特に人物画に向いていないのが「クレヨン画」ではないかと思います。私の設定が未熟なのかもしれませんが、ただ何となくですが、絵にならないのです。




つづく


Posted by 熱中人 at 20:02
 

削除
「かすれ」を出すには、少し変わった「おきて破り」を使います。