思っても見なかったグラフィカルなクレヨン画。

2013年11月16日

 水彩画やアメコミ画は、線画の下にカラー画像を配置し、2枚の画像を合成する訳ですが、このクレヨン画作成アクションCrayon.atnは、 線画だけに色を付けます。

 全体をカラフルにするため、元の写真とはかなり違う色合いになります。まぁそれも目的ですが、このアクションは線の太さや色合いが重要なので す。



 クレヨン画アクションの元は、モノクロの「クロッキー画」のアクションを発展させたものです。つまり簡単に言えばラフに描いたクロッキー画が、 カラーになったということです。
 
 最初の難問は、色の付いた線画の太さや、かすれ具合などが「それらしく」見えるかでした。 そのためには色合いやコントラストの違う画像を、数 十枚テストしなければなりません。まぁそんな面倒くさいことも、趣味ですから苦になりません。



 これのどこが面白いかって言いますと、思っても見なかったグラフィカルな「線画」が描画されるという、マニアックなところでしょう。



  Crayon.atn はフルオートのため、写真画像の内容により、自分のイメージに合わない場合があります。そのため微調整できる、「線画」と「カラー」2種類の単独アクショ ンも「ついでに」作成しました。 


つづく



同じカテゴリー(写真から線画に変換)の記事画像
クレヨン画のアクション工程は、かなりあります。
中には「偶然デケタ」というものもあります。
究極の「線画作成方法をPDF書類」にする。
アクションでは線画のスムーズなどを「数値化」。
簡単に「写真を線画に変換する」方法(3)
アクション工程の変更・追加をする必要があります。
同じカテゴリー(写真から線画に変換)の記事
 クレヨン画のアクション工程は、かなりあります。 (2013-11-23 15:07)
 中には「偶然デケタ」というものもあります。 (2013-04-12 08:08)
 究極の「線画作成方法をPDF書類」にする。 (2013-03-12 15:02)
 アクションでは線画のスムーズなどを「数値化」。 (2012-06-28 13:55)
 簡単に「写真を線画に変換する」方法(3) (2012-06-21 20:39)
 アクション工程の変更・追加をする必要があります。 (2012-02-29 12:56)

 

<?=$this->translate->_('削除')?>
思っても見なかったグラフィカルなクレヨン画。