ハグしたら、怪我をしかねないスチールウーマン。

2013年05月16日

 Bryce3Dのテクスチャー設定で、「ハグしたら怪我をしかねない」スチールウーマンの外見を変えることが出来ます。
 このような物を実際に作ると、芸術作品になり個展でも開けるかもしれません。しかしデジタルの世界では、いとも簡単に「数秒」で作成できてしまうのです。 




 他の3Dソフトは判りませんが、Bryce3Dでは簡単にワイヤーフレーム風にオブジェクトを簡単に変更することが出来ます。
 普通であれば、人体モデルにテクスチャーを張りレイトレーシングするのが当たり前ですが、何故か「不気味?」な金属の板を張り合わせたような雰囲気の方に興味があるのです。



 Bryce3Dのテクスチャーパラメータを変えることにより、ワイヤーフレームの大きさと密度が変わります。そこのところがとても面白く、結構癖になりそうです。




 まぁよく考えてみれば、あまり日常生活に「役に立たない」物に興味を示す熱中人なのです。


つづく



同じカテゴリー(3Dグラフィック アニメーション)の記事画像
20年前は簡単なCGでも、「すごい」といわれていましたが..........。
Bryce3Dで作る、スチールウーマン。
同じカテゴリー(3Dグラフィック アニメーション)の記事
 20年前は簡単なCGでも、「すごい」といわれていましたが..........。 (2013-05-19 00:35)
 Bryce3Dで作る、スチールウーマン。 (2013-05-14 21:36)

 

<?=$this->translate->_('削除')?>
ハグしたら、怪我をしかねないスチールウーマン。