線画作成は、やはり最初の「レベル補正」で決まります。

2013年04月19日

 Photoshopを使って、「写真を線画に自動変換」するアクションに「ハマってもう5年」にもなりますが、現在も「追加と変更」それに 新規作成を行っています。

 最初に作成した オリジナルアクションSketchArts.atn は、その後のアクション作りのヒントになり、思い出のアクションです。

 当時はとにかく、「髪の毛や眉毛」を再現することに夢中になっていました。理由としては、細かい部分が描画できれば「鉛筆画風」に見えるのでは ないかと思い、とにかく夜な夜なテストを繰り返してました。




 ★線画作成工程

 1) まず、線画に変換した画像をPhotoshopで開きます。
 2) 画像サイズを「左右1200pxに変更」します。
 3) イメージ/色調補正/色相・彩度/彩度 -100 (モノクロになります)
 4) 背景の画像をコピーしてレイヤー1にペースト。
 5) レイヤー1を反転します。
 6) レイヤー設定を「覆い焼きカラー」
 7) ぼかしガウス/2.0 (線画が少し見えます)
 8) 背景とレイヤー1「画像の統合」
 9) 色調補正/レベル補正/235/2.00/253(お好みで)



 私の線画作成方法では、「レベル補正」が重要なポイント1つになります。このレベル補正の微調整次第で、描画精度が左右されます。




 アクションを作成するため、いきなり作業工程を「記録」しても良いのですが、私は、紙に作業工程をメモしながらテストしていきます。中には無駄なnity工程があるので、まずは簡単な手書きメモに書きとめます。

 上記のような感じに作成できれば、アクション化するために「もう一度」最初から作業を繰り返します。このとき 新規セット→新規アクション作成 → 「アクションの記録」●印をクリックしてから行います。

 出来たアクションを基本として、バリエーションの違うアクションを作成します。


つづく


Posted by 熱中人 at 23:27
 

削除
線画作成は、やはり最初の「レベル補正」で決まります。