趣味ですから「それもあり」かなと思っています。

2012年07月25日



 ユニバーサルジョイントを使う

 ビデオカメラ手振れ防止装置を作る場合、ジンバル作成に頭を悩ませることになります。何故悩むかというと、まず作成が面倒くさいのと一応精密 (正確)に作らなければならないからでしょう。適当に作ってしまうと、三軸が正確に回転しないからです。

 そんな厄介な問題を少し解消してくれるのが、ホームセンターで売っている「ユニバーサルジョイント」です。このジョイントは、そのままでは2軸回転しかしないのでボールベアリングを加えます。これで三軸ジンバルになりますが、ジョイントを分解して中に小さなスプリングを取り除かなければなりません。その作業が少し面倒なところです。ユニバーサルジョイントとボールベアリングを使った3軸ジンバルは、簡単なので多くの人が作成しています。




 そしてある程度ジンバルを理解できるようになると、最後にジョイントなどを使わない3軸ジンバルを作成したいと思うのです。この時点でジンバルの動 きや構造も理解しているので、あとは形と材料になります。



 私の場合電動工具が無いので、切断・曲げ・穴あけなど手作業で作成していました。手作業は時間が掛かるのと、正確な切断・穴あけが難しくストレスが溜まります。それに気に入らなければ、また作り直すことになりますが、趣味ですから「それもあり」かなと思っています。

つづく


Posted by 熱中人 at 17:02
 

削除
趣味ですから「それもあり」かなと思っています。