「活版印刷」されたイラストに懐かしさを感じます。

2012年03月23日


1枚の写真から、「ただの線画」だけでは面白くありません。水彩画風やカラーハーフトンと色々とありますが、雑誌の挿絵風にするのも面白いものです。

 昔から挿絵は、文章の中に「ちょっと」したアクセントみたいなもので、まぁ中には文章と関連した「重要なイラスト画」もありますが、紙質があまりよくない紙に「活版印刷」された文字やイラストに懐かしさを感じます。




 線画にメリハリをつけるのに、「アメコミ画風」のアクションにハーフトンパターンをプラス、「ノイズ・テクスチャライザ」を追加して「Book Type.atn」の出来上がりです。

 このBook Type.atnは、普通のカラーハーフトンやハーフトンパターンより白地が多く描画されるように調整してあります。理由は簡単です、全体が暗くなるからです。




 個人的には「好みのバランス」と思っておりますが、変換する写真によっては「暗くなったり、明るくなったり」とイメージどうりに出来ないものもあります。

 しかしそんなことは問題ではなく、特記することは「無修正」という事です。



つづく


Posted by 熱中人 at 15:17
 

<?=$this->translate->_('削除')?>
「活版印刷」されたイラストに懐かしさを感じます。