雨の日の休日は、最高の「作成日和」です。

2010年02月26日


 作業する時には、ご覧のとおり作業台の上は凄いことになっています。作成に使う部品や道具などが散乱していますが、熱中人としてこの散乱しているかのように見えるレイアウトが何故かいいですね。この散乱している部品や道具を横目で見ながら、アイデアをひねり出すことができるのです。
 しかも窓からの光は、写真の右手の方から一定の明るさで心地よい雰囲気を作ってくれます。これは北窓ならではの柔らかい光なのでしょうか。画家のアトリエは天窓と北窓のある部屋だと聞いたことがありますが、曇りガラスを通ってくる光はとても心休まると同時に、作成意欲も沸いてくるみたいです。特に雨の日の休日なんて、私個人としては最高の「作成日和」なのです。

作業台の3D写真。


 

つづく



Posted by 熱中人 at 13:04
 

削除
雨の日の休日は、最高の「作成日和」です。