iPhone用コンパクトスタビライザー

2010年02月14日




ビデオカメラと違ってiPhoneは携帯電話なので、最初から軽量に作られています。しかし、これが作成時の悩みのタネになります。
iPhone自体が小さいので、ついコンパクトに作ろうと考えるのですが、あまり小さくしても今度はバランスの調整が難しく、苦肉の策としてiPhone自体の重量を増やすために「C]の所に錘を追加しました。A・B・Cと3ヵ所に錘が取り付けられています。これにより、3ヵ所の錘の支点がグリップの所に移動し、前後のバランスを取ることができます。左右のバランスは、iPhone自体を左右に微動しながら取ることができます。
しかし何故携帯電話用のスタビライザーなのかと言いますと、近く米国のTiffen CompanyからiPhone用スタビライザーが発売予定とのこと。Tiffen社と言えば、プロ用(映画・TV関係)スタビライザーを製作・販売している有名な会社ですが、やはり世界中で使われているiPhoneの人気に押されたのではないでしょうか。ビデオカメラ用が10万円位するので、5万から6万円位するのではないかと勝手に想像しています。しかし、自作すれば2000円から3000円位である程度ブレを減少できるスタビライザーができます。まあ、ホームビデオとして使うのであれば、自作して見るのもいいことではないでしょうか。
作成したスタビライザーを使って撮影したサンプル動画は、近々編集後、YouTubeにアップしますので興味のある方はご覧ください。

つづく




Posted by 熱中人 at 12:07
 

削除
iPhone用コンパクトスタビライザー