Toon image

2011/03/04 13:59:26

2011/03/04 嵐が過ぎれば、元の生活に戻る。
2010/12/27 Toon image movie の「オリジナルスムーズ」。
2010/12/22 DVDの動画の画像を、描画して見る。
2010/12/19 アメコミ画風 ムービー作成のはじまり
2010/12/13 長い棒を持って回転すると、いつもよりゆっくりと廻る。
2010/12/11 モノラル放送を擬似ステレオに変換する「スグレ物?」。
2010/12/10 ビデオカメラをお盆に乗せると、ブレを減少できる。
2010/12/09 ノイズリダクションシステムAD-2MkⅡとAD-3
2010/12/08 バズーカ砲にそっくりな、ボーズの「キャノン砲」。
2010/12/07 低音を強調する、バフレフ型スピーカー。
2010/12/06 欲望から生まれた、簡易プロジェクター 5万円。
2010/12/05 ファイロファックスと封筒を使ったファイリング
2010/12/04 システム手帳を使うには、ワープロとコピー機は必需品でした。
2010/12/03  システム手帳(ファイロファックス)依存症
2010/12/02 ポケットに入る電子書籍
2010/11/30 iPhoneやiPadで見れる電子書籍を作ってみました。
2010/11/28 活版印刷で作成されたような、味のある雰囲気がいい。
2010/11/27 「同時に7種類」処理するには、300行の作業工程が必要。
2010/11/26 1枚の画像から10種類のバリエーションを作成する。
2010/11/25 1つのアクションで「10種類のバリエーション」。
2010/11/24 イラストレータは「吹き出し」の作成には向いています。
2010/11/23 オリジナルのスピーチバルーン(吹き出し)を作る
2010/11/22 エッジのポスタリゼーションとインデックスカラー。
2010/11/21 カラーリング処理と、線画作成は別物?
2010/11/20 表紙は「しつこい感じの濃目」にしてみました。
2010/11/19 画像処理だけで「アメコミ風漫画」を作成する。
2010/11/18 Photo shop の「ゆがみ」で個性を出す?
2010/11/17 少し漫画風にデフォルメするのも面白い。
2010/11/16 Toon image はオリジナルAction ファイルです
2010/11/15 基本は線画の精度です。
2010/11/13 「エッジの強調」を使うことで、スッキリとしたカラーハーフ..
2010/11/12 完璧に黒を削除することができました。
2010/11/11 少し時間は掛かりますが、自分で作るのも楽しいものです。
2010/11/10 結果も大事ですが、その間の「工程」が好きなのです。
2010/11/09 Toon imageの作成にスケッチアーツ処理も使う。
2010/11/08 写真を映画のような色合いにしたくて。
2010/11/07 「ワンクリック」でアメコミ風の線画に変換。
2010/11/06 結果が同じであれば、そう深く考えることはないのですが。
2010/11/05 CMYKに変更して、チャンネルから「K」を削除します。
2010/11/03 「画像処理の迷路」みたいなところへ入っていました。
2010/11/02 やはり低解像度の画像を処理する時に線画が乱れます。
2010/11/01 アメコミ画のカラーハーフトーン色は..
2010/10/31 マウスをクリックするだけで、リアルなアメコミ画を作成。


Posted by 熱中人 at 2011/03/04