スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

 

出来上がりは簡単なようで、作成には複雑な過程。

2013年03月30日


 何でもそうですが、出来上がりを見ると簡単そうに見えます。しかし、それまでが複雑でストレスの溜まる作業があるのです。

 写真から、クレヨン画風のアート画を自動作成するPhotoshopアクションも、同じように「それなり」に複雑な「過程」があるのです。




 テスト中の作成工程は、最初に元画像を「ガラス」を使って変形します。これは直線を壊し、「手描き風の線に見せる」ためです。処理済みの画像を 別に もう一枚作成しま す。つまり、「水彩画」と「デッサン画」を別々に作成するために「2枚」用意する必要があります。




 次にデッサン画に水彩画をペーストして、レイヤー設定は「除外」にして「画像を反転」します。画面は [4] の感じになります。

 [5] では黒を出来るだけ削除するために、RGBからCMYKに変えて「黒を削除」します。これを1回から2回繰り返します。この方法は Suisai.atnのアクションでも使っています。




(RGBからCMYKに変換して、ブラックを削除する。)

 [6] では好みの色に調整します。



 手描きをデジタル化にするのは、現在当たり前の制作工程ですが、デジタル化した写真から「デジタルの写真から手描きのアナログ風」にするとい う、「写真からアート」に変換するという、まことに厄介でそれでいて「不思議と面白い」画像処理工程です。


つづく
  


Posted by 熱中人 at 14:06

 

クレヨンで描いたようなアート画を作りたい?

2013年03月26日


 クレヨンで描いたような雰囲気が作りたくて、いろいろと試行錯誤していますが、なかなか思いどうりにはならず苦戦しております。

 難しいのは、クレヨンで描いたようなアート画的仕上がりという、面倒くさい願望があるからでもありますが、しかし「熱中人」としては挑戦してみ たいと思うのです。



 今のところアクションとして保存しておらず、いつもの行き当たりばったりの作業を繰り返しており、少し時間がかかるのではないかと思っています。

 判っているのは、PAWCmono.atnとSuisai.atnを最初に使うことまでは確定しておりますが、その後どのようにすれば、「クレヨ ン」で描いたように見えるかが問題なのです。



 しかし「チマチマ」やっていると、少しずつですが変化はあります。他のアクション作成の時もそうでしたが、各フィルターやレイヤーの組み合わせにより突然出来上がるものです。

 でも「もう少し、もう少し」リアルにしたい欲望に駆られるのも事実ですが、個人的に納得?するまで繰り返すのです。

つづく
  


Posted by 熱中人 at 06:25

 

Suisai.atnは線画のための水彩画風アクションです。

2013年03月24日


 Photoshopのフィルターで「水彩画」というのがありますが、これはスケッチアーツオリジナルアクション「Suisai.atn」です。 どこがどう違うのかと言われますと、返答に困るのですが「お気に入りのアクション」の一つなのです。

 Photoshopの水彩画もSuisai.atnも単独では、あまりインパクトもなく面白くありません。Suisai.atnは、スケッチ画 やデッサン画などに使うことを、前提として微調整してあります。つまり、Suisai.atnは線画のための水彩画風アクションなのです。



 一般的に水彩画といいますと、休みの日に絵具を持って、郊外でのスケッチ風景を想像しますが、「スケッチアーツシリーズ」を使えば、厄介な道具は必要ありません。デジタルカメラで気に入った被写体を、好きな構図で撮影するだけで良いのです。



 手描きのスケッチ画ではデッサン力が必要ですが、スケッチアーツを使えばそのようなものは必要ないのです。ここのところがこのアクションの面白いところです。



 世の中には沢山便利なアプリやアクションがありますが、手描き風スケッチ画作成アクションでは完成度の高いアクションではないかと、「勝手」に思っています。
 

つづく
  


Posted by 熱中人 at 08:03

 

線画を変形して手描きの雰囲気を出す。

2013年03月20日


手描き風にするには、線画と水彩カラーを手描き風に変形?しなければなりません。




 元画像と比べると、人物の判別はしにくくなっておりますが、何故か雰囲気が出ていると思います。実際ここまで変形しなくてもと思ったのですが、 どうもやりすぎる性格なのでしょうか、やっちまった感じもあります。

 しかし写真から「アート画風」にするには、それなりの苦労があります。つまりそれなりに見えなくてはなりません。それに、プロのイラストレータ や画家が描いたような、「手馴れた感じの雰囲気」がなくてはなりません。





 Photoshopのフィルターを使った画像処理だけでは、個性のある画像制作は限界があると思います。ほかの人と違った画像を作成したいと思 うのであれば、やはり時間が必要です。



 それにしても、だらだらとアクションの改良を行っています。その時はこれでほぼ完璧と思うのですが、一ヶ月経ってみると、もう少しリアル感がな いなどと思い、また試行錯誤?してしまうのです。

つづく
  


Posted by 熱中人 at 18:43

 

水彩画風アクションについて

2013年03月19日


 Photoshopオリジナルアクションシリーズの中に、「WaterColor Suisai.atn」という極小さいアクションがあります。このアクションは「写真を線画に変換することは出来ません」が、「ラフな水彩画風」の色合いと、手描き風の画像の変形を行うことが出来ます。




 Photoshopにも「水彩画」というフィルターがありますが、線画と合成した場合どうしても「違和感」があり、オリジナル水彩アクションを作ってしまいました。




 WaterColor Suisai.atnのアクションは、単独で使うのではなくモノクロ線画専用に調整してあり、SketchArts.atn(スケッチ画)や PAWCmono.atn(デッサン画)などに効果をもたらします。



 Photoshop用アクション作成は、とてもハマります。Photoshopといえば、一般に画像処理つまりカラー調整やトレミングなど、中にはイラストを描いたりと面白くないことも出来ます。しかし私の場合は、「写真画像を使ってグラフィカルなアート画作成」という、マニアックなアクションなのです。こっこれが実に面白い。

 現在も、既存のアクションに追加や変更を繰り返しながら改良を加えています。

つづく
  


Posted by 熱中人 at 15:36

 

究極の「線画作成方法をPDF書類」にする。

2013年03月12日

 ブログをある時期から休んでいましたが、ようやく腰が上がりました。
実は熱中するものが無ければ、書けないのです。いつものややこしい性格ですが、でもようやく一つ発見しました。

 この熱中人のブログに掲載していた、「スケッチアーツ」のサンプルやノウハウなどをPDF書類にするという、まことに手間のかかる作業を始めました。その上ブログ内の文章を使わず、新たに文章も作成することになりました。



 巷にスケッチアーツのアクションと、同じようなものがあれば作成する気にもなれないのですが、「究極の線画作成方法」なので、これは是非まとめなければと一人で興奮しております。

 普段簡単な文書作成には、SeaMonkey を使うのですが、今回は最終的にPDF書類になるので OpenOffice3 を使って作成しようと思っています。



 そしてもう一つのこだわりは、画像配置が簡単にできること。つまりアドビのイラストレータみたいに、ドラッグでもコピペで簡単に画像を配置できること。

つづく
  


Posted by 熱中人 at 15:02 | 写真から線画に変換

 

仕掛けられた陰謀。

2012年12月21日

その昔、電話は必要なとき以外使用することはありませんでした。
 携帯電話は固定電話と違って、いつでも何処でも誰とでも「くだらない会話」をすることができる便利なものです。その上「おまけや付録」が沢山あ り、青少年たちの「お小遣い」巻き上げるまでなってしまいました。




 ある時期から、音楽CDとカラオケ店の売り上げが極端に減少したという話を聞きました。両方とも「中高生のお小遣い」が携帯電話の方へ流れているからだそうです。
 中には、月6,000円~10,000円をスマホ代に支払っている中高生もいるそうですが、こっこれは何か間違っているのではないかと思うのですが、どうでしょう。これはもう、仕掛けられた通信会社の陰謀にハマってしまっています。

 自宅にネット環境が無ければ話は分かりますが、そうでなければ料金の高いスマホでなく、今までの「電話とメール」の携帯電話で事足りるのではな いかと思います。家電製品のように、便利になって安くなるのであれば分かりますが、高くなるというのはいかがなものでしょうか。

つづく  


Posted by 熱中人 at 11:49

 

駆動しないレンズ。

2012年11月27日

 一眼レフカメラは別として、コンパクトデジカメのレンズは「固定式」と「沈胴式」がありますが、個人的には「固定式」がお気に入りです。理由と しては、駆動部分が無いため故障しにくいと「勝手に」思っています。

 というのも、ある日沈胴式レンズタイプのデジカメを落としまして、そのおかげでボディから突起しているレンズカバーがぐらつくようになりまし た。たぶん、ボディの中の「ネジ」が外れたのではないかと思いますが、それくらいのことで沈胴式レンズの調子が悪くなるというのもどうかと思いま す。



 しかし、デジタルではなくフィルムを使っていた沈胴式レンズ式カメラは、何故か丈夫で、落下したぐらいでは壊れませんでした。それに当時のコン パクトカメラは、「落とそうが投げようが」簡単には壊れませんでした。つまり今のように樹脂を使わず、ダイカストボディだったからでしょう。



つづく  


Posted by 熱中人 at 20:27

 

通話のみの携帯電話にする。

2012年11月25日


 現在、スマーフォンの便利さに多くの人が買い替えしておりますが、私は飽きてしまいました。

 それまでに、いろいろな便利なアプリを購入して面白い体験をしましたが、結局のところ、私にとっては長期間使うようなものではありませんでした。あまりにも小さな電話機の中に便利さが詰め込まれ、巷では「依存症」になっている人が多く「社会現象」までなっています。この現象はよ~く考えても「異常」ではないかと思っています。という訳で携帯電話は、「通話のみ」にすることにしました。

 スマートフォンのデザインはどこも同じで、何故か面白くありません。そう訳で通話のみの機種として、以前使っていたモトローラ製の電話機にすることにしました。



 何故この機種がいいのかと言いますと、プラスチックではなく金属の部分が多く、丈夫そうに見えるからかもしれません。その上、手のひらに隠れるほど小さく、ポケットに入れても違和感がありません。



 5年くらい使っていないので起動しないのかなと思いましたが、充電も早く出来たのでまだまだ使えそうです。



つづく  


Posted by 熱中人 at 14:17

 

出来上がると、「飽きてしまう」という悪い癖。

2012年10月24日


 出来上がってしまうと「飽きてしまう」という、悪い癖があります。このような事は誰にでもあると思いますが、熱が冷めてしまえば「面白くない」 のです。



 「スケッチアーツ」や「ビデオカメラスタビライザー」など、その時はもう夢中になりました。つまり作成の「途中」が楽しいのかもしれません。極 端に言えば、自分で作成したものでさえ飽きてしまえばゴミとして捨てる場合がありますが、でも「物づくり(工作)」は楽しいのです。



 たとえば上の画像の「ポラモドキ」では、そこまでする必要はないのかもしれません。しかし個人的には、こんな物「作りたい!作ってみたい」という衝動に駆られるのです。他人から見れば、あまり意味の無い物のように見えると思いますが、私にとっては意味があるのです。

 それは好奇心からくるのかもしれません。

つづく
  


Posted by 熱中人 at 15:32

 

たった1枚の紙から作る、ポラロイド風写真フレーム。

2012年10月16日

 スマートフォンでポラロイド写真風の写真が取れるアプリがありますが、それは画像のみで何か物足りなさがあります。

 ポラロイド写真に個人的に興味があるのはやはり、写真のピントの甘さと色合いもありますが、フレームの独特の形にも興味があります。そしてメモが書けることで しょう。つまりなんだかんだ言っても全体に興味があるのです。



 壁に貼れば素敵なインテリアにもなるし、何故かいいのです。

 ポラロイド風の写真は、「スマホアプリ」で簡単に撮影できますが、物足りなさがあるのは、やはりフレームの質感が無いからでしょう。それではということで作る事になりました。

 まず紙の厚さは葉書と同じなのが情報カード、これをたまたま100円ショップで見つけました。第一工程は紙を折ります。寸法は下の画像とおりで す。



 左右の両端に、3ミリから4ミリの切れ目をいれます。この部分に写真を挟み込みます。この部分の発想に随分時間が掛かりました。





つづく

  


Posted by 熱中人 at 21:59

 

パンタグラフを使って描いてみる。

2012年10月09日


 私のパンタグラフの使い方は、3倍から4倍に拡大して描くときに「目安線(アタリ)として使います。写真を見ながら原寸サイズで描く場合でも デッサン力が必要なのに、拡大して描くということは特に難しいことです。そんなことを簡単?にするのが、パンタグラフです。

 実際トレースして見ると分かるのですが、ただトレースするだけでは絵にはなりません。つまり今回のパンタグラフでは、スケッチアーツのように 「絵が描けなくてもデッサン画を作成できる」ものではありません。ある程度、絵が描けなくてはならないというところが問題でもあります。



 一般的なパンタグラフの使い方としては、固定軸を描き終えるまで動かさないことが原則です。固定軸が少しでも動くと、描画が変形してしまいま す。つまり顔が長くなったり、とにかく変になります。

 最初の頃のアバウトな作りの試作品では、とにかく酷いものでした。それは固定軸の問題ではなく、回転軸の位置が不揃いだったのもありました。



 今回は「デッサン画の描き方」ではなく、パンタグラフの作り方と使い方なので描き方には触れません。

 事の発端は、大きい絵を部屋の壁に飾るのではなく「置きたい」という単純な思いでした。風景画などではある程度ゴマカシが出来ますが、人物画と なるとそうはいきません。そんな小さな悩みで、パンタグラフを作ることになったのですが、使ってみるとスゴク便利な道具です。



 
つづく
  


Posted by 熱中人 at 10:24

 

パンタグラフは目安線(アタリ)として使うのがいい。

2012年10月03日



 ある程度正確に描くには、正確な作らなければならないという結果になってしまい、4個目のパンタグラフを作ることになりました。

 正確に作るつまり、たるみや動きに緩みがあってはいけないということになります。穴のサイズと、ボルトのサイズが合っていなければないということにもなり、丈夫な金属というのとになりました。



 いつものようにホームセンターに出かけアルミ材を見ていると、横に穴が均等にあけてあるステンレスメッキの部品を見つけました。長さは30センチ程度で、厚さも幅も何故かピッタリ。ドリルを使って「穴あけ」も必要なく、簡単に速くできるぞ!と思いました。



 次は回転軸に使うボルトですが、固定軸とガイド軸それに回転・移動軸のところをどうするか、売り場で悩むことになりました。とにかく回転穴に合う長めのボルトとナットを少し多めに買って帰りました。

 固定軸とガイド軸は下の画像のように、取り付けた後ヤスリを使って先の方を細くしました。回転軸は回転してもズレが出ないように、そしてガイド軸はトレースする時見やすくするためです。

 回転・移動軸は、ボルトの取り付けが天地さかさまになっています。理由としては、トレースのとき移動しやすくするためでもあります。



 少し時間が掛かったところが、鉛筆を固定する部分でした。ここは薄めのアルミ板で鉛筆を巻くようにして、アルミを金属とボルトで固定しています。回転・移動軸の先が細くなったボルトと同じように、鉛筆の芯だけが出るようになっています。

 これで一応納得できる?拡大トレースが出来るようになりましたが、大切なことはパンタグラフは一応「アタリ線」、つまり「目安線」として使うのが良いのかもしれません。

つづく  


Posted by 熱中人 at 16:12

 

パンタグラフの作成を甘く見ていました。

2012年10月02日

 パンタグラフは、使い方によっては拡大・縮小が出来るオモシロ道具です。何故このようなものに興味を持ったのかと言いますと、はがきサイズの写 真からA1サイズに拡大したスケッチ画を描きたいと思ったのが熱中の始まりでした。

 本格的に時間をかけて描くのではなく、短時間(1時間程度)でそれなりの鉛筆画が作成できて、その鉛筆画のための額(フレーム)まで作るとい う、せっかちなプロジェクトなのです。
 


 最初は試作ということで、簡単に軽い目ベニヤ板と押しピンで作ってみました。その次はアルミを使ったものも作成しましたが、実際描いてみると思 い通りに描けないことに愕然。




 思ったように描けない理由は、回転する穴の位置が正確でなかったのです。簡単でシンプルな道具ですが、なかなか手ごわいのです。
 では心機一転正確に作ろうと思い、下の画像のように原寸サイズの図面を作らなくてはなりませんでした。



 そしてもう一度ベニヤ板と押しピンで作り描いてみると、100%正確ではありませんが一応納得できました。



 すぐに飽きてしまうので、ベニヤ板と押しピンで良かったのですが、あまりにも見栄えが悪いのでやはりアルミか金属でもう一度作ることになりまし た。


次回は、金属とボルトとナットを使ったパンタグラフを作る。

つづく  


Posted by 熱中人 at 14:58

 

自分の思っている形の物を作るという行為」が良いのです。

2012年09月30日

 出来上がった「一生使えるイーゼル」を部屋に入れてみると、結構大きいので置き場所に悩みます。場所的にはやはり一般的に「北窓」の側が理想的ですが、私の部屋では北窓の側は無理があるので部屋の模様替えをすることになりました。



 3坪(6畳)の洋間の中には、必要のないものも沢山あります。少し捨てれば少しは広くなるとわかってはいるのですが、それがなかなか出来ないのです。しかしそんなことは別にして、使いやすくそして見栄えもそれなりに良いレイアウトをするのに1週間を要しました。(暑い8月に!)


 
 スケッチアーツでは、パソコンとフォトショップがあれば「手描き風デッサン画」を作成することが出来ました。つまり、紙や鉛筆そしてイーゼルなどは必要ありませんでしたが、アナログで作成となるとやたら道具が必要です。

 そんな訳で、少し角度をつけた作業台と作業台を照らす照明も作ることになりました。これも全て「手作り」で少々時間が掛かりましたが、個人的にはお気に入りとなっております。



 「自分の思っている形の物を作るという行為」が好きなのです。つまり「熱中」
してしまうのです。


次回は、パンタグラフを作るです。

つづく
  


Posted by 熱中人 at 19:02

 

気分が良かったので、手描きスケッチにハマる。

2012年09月27日

「スケッチブックや絵具などを必要としないデジタルを使ったスケッチ用具です」で始まるのがPhotoshop Action スケッチアーツですが、今回は「パンタグラフ」を使って短時間で手描きでスケッチ画を描くというお話です。何を今更とお思いでしょうが、これがまたハマってしまいました。



 きっかけは1枚のスケッチ画から始まりました。随分スケッチ画というものを描いていなかったのですが、なんとなく気分が良かったのでしょうか子供のスナップ写真を見ながら描いてみました。出来上がりはなんとなく中途半端ですが、気分が良かったので「絵を描くにはまずイーゼル」を作らなきゃということになりました。



 簡単で小さなサイズでも良かったのですが、気分が良かったので「一生使えるイーゼル」を作ってしまいました。ちなみに材料費は2,000円以内で、製作時間3時間という異様なスピードで仕上がりました。つまり気分が良かったのでしょう。



 出来上がった「一生使えるイーゼル」を部屋に入れるわけですが、それなりに大きいので「まず部屋の模様替え」をしなくてはなりません。

つづく  


Posted by 熱中人 at 16:55

 

ブレのないスムーズで映画みたいな動画を撮りたい。

2012年08月04日


 何故多くの人がこのようなヘンテコな道具に興味があるのかといいますと、やはりビデオ動画の「ぶれ」が普段から気になっていたからでしょう。三脚を 使わない限り、手振れは当たり前ですが、このヘンテコな道具を使うと100%ではないけど、ブレのないスムーズで映画みたいな雰囲気の動画を撮影 できるからでしょう。
 
 さて、組み立て完成図が下の画像になります。見ると簡単な構造になっていますが、各部品の作成にはそれなりの時間と手間が必要です。(つまり根気です)




 分解してみると、細かな部品を組み立ててブロック化されていいます。ひとつひとつの部品を切断し、図面どうりに「曲げ・穴あけ」など の面倒な作業がありますが、出来上がりを想像しながらの作業は楽しみがあります。



 その中でも超面倒なのが、やはり「ジンバル」でしょう。ジンバルはもっとも重要な部品なので、ゆっくり丁寧に作る必要があります。




つづく  


 

構造はシンプルですが「精密機器」と言われています。

2012年08月01日

 バランス調整

 下の画像では「C」の錘を重くすると、浮遊感が減少します。そのためには、AとBの錘を軽くしなければなりません。



 AとBのバランスが取れると「ゆっくり静止」します。この「ゆっくり静止」は、「約1秒から2秒」かけて元(平行)に戻るの が良いでしょう。 

 動きがゆっくりということは、「ぶれ始め」もゆっくりになるので浮遊感を感じることが出来ます。しかし錘を多くする(重く)すると、浮遊感は減 少します。




 下の画像の状態には、2つの問題があると思います。その1は、下の錘よりカメラの方が「重い」というのと、その2はカメラの位置が中央に設置し ていないということになります。



 対策方法としては、カメラの位置を中央に微調整する。そして下の錘を重くするということになりますが、下の錘を重くすれば必然的に「前の錘」や 「後部の錘」も微調整しなくてはなりません。この3箇所の微調整が微妙なので、結構時間がかかりストレスになります。

 この微調整が「最重要」なので、構造はシンプルですが「精密機器」と言われているのが分かります。

つづく  


Posted by 熱中人 at 12:01

 

組み立て位置を間違わない限り簡単です。

2012年07月30日

 組み立てと錘

 全体のバランスを取るのに、錘が必要です。微妙なバランスを微調整するのに、ワッシャーを使うことにより細かく設定できます。

 まずは前と下の錘の取り付け方は、ワッシャーより一回り大きく切断した円形のアルミ板を前後に使います。中にワッシャーを挟みます。円形の2枚のアルミ板の中央に穴をあけ、ボルトで締めるようにします。



 カメラ後部の錘は、2本のアルミ棒の左右の幅に合うようアルミ板を使って内部を隠すように折り曲げます。アルミ棒とアルミ板にドリルで穴をあけ、ボルトで固定します。下の画像のような感じで、ワッシャーを最後部に同じようにボルトで固定します。




 ビデオカメラ用と違って、iPhone専用の場合は全体の構造が簡単で済みます。ビデオカメラの場合は、本体の横にファインダーが付いているので、それなりにバランス調整に時間が掛かります。しかし、iPhoneや他のスマートフォンの場合ではファインダーは中央にあるため組み立て位置を間違わない限り簡単でもあります。


*次は、錘の重さとバランス調整です。

つづく  


Posted by 熱中人 at 10:57

 

寸法の比率ですが、完璧ではないのでお許しを。

2012年07月28日

 iPhone用コンパクトビデオカメラ手振れ防止装置を作る場合、まずアルミパイプを曲げなければなりません。最初のころは軽量化するためアル ミパイプを使っていました。加工しやすいのですが、曲げるときにひび割れが発生するのが欠点でした。少しくらいの曲げは大丈夫ですが、90度以上 曲げると亀裂が入り使い物になりません。そこで「アルミ棒」を使うことにしました。

 アルミ棒は1本でも良いのですが、左右の回転を考慮して2本使います。見た目は1本の方がコンパクトで良いと思うのですが、なかなか思いどおりにはいきません。

 下の画像の右のイラスト画は、数々テスト作成した結果の寸法の比率ですが、完璧ではないのでお許しを。前に紹介したように、三箇所に「錘」が装着してあります。この錘は「小さなワッシャー」を使っており、ワッシャーの外側はアルミ板を円形に切断 したもをボルトで止めています。



 iPhoneを固定するところの部品も、やはり同じようにアルミ板を使って作ります。iPhone専用なので、作りがシンプルになります。下の 画像では直角に90度曲げていますが、実際はそのようにはならず角が丸くなっています。



 ジンバルを固定するアルミ板とカメラを固定するアルミ板の間に、バランスを取るアルミ棒を挟みボルトで固定します。後で緩みが発生するのではな いかと思 いますが、最初はこの方法でバランス調整を行います。ある程度ベストの位置を決めてから、不安であれば金属用ボンドで固定します。

つづく  


Posted by 熱中人 at 17:05

 

このページの上へ▲