私は過程つまり、「作成途中」が大好きなのです。

2011年05月01日

 あくまで予定ですが、シンプルなテンプレートです。実はこのパターンが、何故か大好きなのです。好きな理由としては、もちろんあまりにもシンプルなのもありますが、当たり前すぎるところでしょう。

 ホームページを作り始めた頃は、個性のあるページデザインを作るのに熱中していました。あんなのもこんなのもという感じで、いろんなレイアウトを試していました。しかし色々と試した結果、元のシンプルなデザインに戻りました。

 昔から釣り師は、「鮒に始まって鮒に終わる」ということわざがありますが、やはりシンプルなご飯とお味噌汁そして美味しいお漬物で終わるのではないかと思ったりもします。



 ブログはとても便利でしかも親切なものですが、物づくり大好きな熱中人にとっては満腹感がありません。それは店で売っている「惣菜」と同じように、お腹は膨れるけど、なにか食べた後に空しい?感じになるからでしょうか。

 味は別として、手作りの料理はいいものです。それは作ってもらっても、自分で作っても同じような気持ちになります。料理と言えば「家庭料理」となりますが、家庭という字は本当は「過程」という字ではないかと思うときがあります。



 家があって庭があり、そして妻と子どもが居るのが「家庭」と一般常識になっていますが、何か可笑しく思えます。

 私の家庭の考え方は、人を好きになりプロポーズをして結婚します。そして子どもが出来て、二人で子育てに奮闘したりしながら家族が増えてきます。そしていつか子どもも恋をして、新しい家庭を持つようになるわけですが、実はその途中の「過程」が大事なのです。
 過程にはストーリーつまり物語があります。その物語こそが大切な「家族」の絆でもあると思います。

 長くなりましたが私は過程つまり、「作成途中」が大好きなのです。

つづく


Posted by 熱中人 at 11:02
 

削除
私は過程つまり、「作成途中」が大好きなのです。