エッジのポスタリゼーションとインデックスカラー。

2010年11月22日

 前回までは「線画とカラーハーフトーン」でしたが、今回は「線画とポスタリゼーション」のお話になります。

 現在のアメコミの画風は、おなじみの線画で描いた後に専用のソフトを使い着色するのですが、グラデーションを使いリアルなアメコミ画になっています。見ると迫力があって「スゴイ!」と思うのですが、これも技術の進歩なのでしょうね。

 下の「二人のお姉さん」の画像は、Toon imageで線画を作成して元画像に「エッジのポスタリゼーション」処理したものです。普通写真はフルカラーですが、あえてポスタリゼーションを使って色数を減らして、コミック風な色合いにしてみました。



 なかなかイメージに合う色が出ないので、「彩度」を70%アップして何とか出来上がりました。

 下の画像は上の画像と同じ物ですが、RGBからインデックスカラーに変えて、極端に色数が少なくなり落ち着いたトーンになっています。2色しか使っていないようにも見えますが、そうではありません。
 これは前に掲載した、「写真を映画のような色合いにしたくて」のアクションを使って、色を変えてみました。



 同じ画像でも、色を変えるだけでかなり雰囲気が変わります。実際最初に「エッジのポスタリゼーション」を使って作成した物を、インデックスカラーに変えてから、「これは面白い」この感じで作るのもいいなと思い、またぁ熱中虫が「ウズウズ」してきました。ふぅ~

つづく


Posted by 熱中人 at 13:32
 

削除
エッジのポスタリゼーションとインデックスカラー。