スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

 

Posted by みやchan運営事務局 at
 

2012年07月22日

3軸ジンバルの作成は、ゆっくり正確に作る。

夏休みの友  図画工作シリーズ

 ジンバルを作る

 3軸ジンバルが在ると無いとでは、天と地の差が出ます。それに精度(ゆっくりとした動き)により、滑らかでブレの少ない動画を撮ることができま す。しかし3軸ジンバルはホームセンターでも販売しておらず、やはり「自作」するしかありません。




 下の画像は、シンプルで当たり前みたいなジンバルです。でもこれを作成できるまでには、随分時間と費用が掛かりました。(失敗の連続でした)




 下の画像では、ジンバルの部品が5種類から作成されているのが解ると思います。

 左から、グリップ・ボールベアリング・横回転・左右回転・前後回転

 特に神経を使うのが、アルミパイプに穴を空ける位置が少しずれていると、歪な動きになるので「出来るだけ」正確に穴あけしなくてはなりません。
 こんな場合「工作機械」があると便利だな~と思いますが、そこはグッと我慢します。



 上手く仕上げるコツは、「ゆっくり作る」ことです。私は何故か、その日に全部仕上げてしまおうというせっかちな正確なので、よく失敗をします。 たとえば今日はドリルを使って穴を空けるだけとか、アルミ材の切断だけとかとかにしとけば失敗は少ないと思います。

 ジンバル作成は、バランス調整と同じぐらい重要な作業です。

つづく